3月28日(土)

28a

事務所で泊まりになった。朝早くに一旦自宅に帰る。

28b

午前中は曇りで、空よりも地面の方が敷物の色が青かった。

28c

寝て起きて少し仕事して外へ。すっかり気温があがっていた。

28d

一日で随分咲いた印象。

28e

花見はまだ余裕ありなくらい。でもこのくらいな方が楽かも。

28f

3月22日(日)

22a

横河武蔵野の武蔵野陸上開幕戦を見に行く。少し早くにでて、中央公園の方までフラフラ散歩した。桜はもう少しだけど、実質咲いていると思っていいくらいに蕾は膨らんでいた。帰りに成蹊の並木道をあるいたら、小ぶりのソメイヨシノが少し咲いていた。もう来週は花見客で大変そうだ。

今年は武蔵野陸上での試合が多くて、きっと市も協力してくれていたりするんだろうなあ、なんてことを考える。JFLだとしても有料のスポーツイベントなわけで、運営するにはそれなりに色々と大変なことがあったり人との繋がりがあったりするんだろうな、お金だけで割り切れることばっかりじゃないだろうな、なんてことを考えると、そういう人達の頑張りの為にも楽しんで帰りたいな、なんてことを思う。試合は後半ロスタイムに当りの悪いヘディングがポストにあたってゴールに入って決勝点になった。全体になんか半笑いな空気だった。こういうのもサッカー。

3月21日(土)

21a

満開になったらこんな所で立ち止まって写真なんか撮れないな、なんてことを思いながらカメラを出した。桜のつぼみは、これから咲きますよと宣言しているくらいに主張が強い。

3月20日(金)

20a

北欧雑貨屋がメガネスーパーの跡地にオープンした。
ここの通りは、吉祥寺でもかなり渋谷っぽい感じな場所で、自動車が走らない上に道幅も広いので、もうちっとなんか都市計画の人達が好き勝手な事を言えばいいのになあ、なんてことを考える。そういう所は放置しちゃうんだな、みたいな。

3月19日(木)

19a

ビレバンのあった地下は、どうやらここの階段以外にも中の方から行ける模様。そっちが中央入り口らしい。
タパスタパスや、随分前にあったシルバニアのレストランには行ったことはあるけれど、この建物はよくよく考えると少し変わっている。

3月14日(土)

14a

土曜日でも午前中の早い時間だと中道通りもこんな感じ。

3月12日(木)

12a

七井橋どおりは、公園への階段の所を中心に道を綺麗にした。
アスファルトを削って地面をなにやらいじっていたけれど、最終的にこんふうな地面になった。ヨーロッパの石畳みたいなものも、実はこんな風にあっさり敷設できたりするんだろうか。
最近、あんまり言わないけど、これ、年度末の工事っぽいなあ、なんて思ったりした。今年度はここまで。

3月10日(火)

10a

不思議な天気雨が降った後、風が吹いた。

IMG_1458

去年来た緊急速報を消さずにとってある。バウスシアターはもう無い。明日もメールが来るのだろうか。現実に何かあればきっと多くの施設で受け入れをするのだろうけれど、吉祥寺は、リハーサル段階だと公的な一時滞在施設は思ったより少ない。お寺、もっと沢山あるよね?

3月6日(金)

06a

丸井も中国からのお客様歓迎の模様。他にマツモトキヨシなんかもそんな風なものを出していた。
春節で日本に来ている人達が上客であることは確かだと思うし、それで嫌な思いをしているようなわけでは無い。さらに言えば、外国人はお断りな分けじゃないし、じゃあ埼玉県から来た人はどうですか?台東区は?杉並は?三鷹は?緑町は?北町は?みたいに、どこかで境界線があるんだろうかとか考えてみる。結局、少しは地元の人達にも目を向けてよってな具合の、一種、拗ねみたいな感情なのかも知れない。なんてね。

3月2日(月)

02a

もう少しで春っぽい感じの陽気。

3月1日(日)

01a

久しぶりにこの後のスケジュールが無い状態で外に出た。雨が降っていても気持ちは軽い。

Hanakoの特集を見ると、コピーがいちいちマンションポエムっぽくて、コピーの前に「プラウド」ってつぶやくとシックリ来るのが切なくて面白い。

不動産の宣伝は好きな人を口説くのに似ている。大きな違いはその後に経済的な現実が待っているかどうかだ。

01b

建てたはいいがテナント入らなくて大丈夫か?と余計な心配をされていたビルも美容室や銀座アスターが入る模様。向かいには相変わらず銭湯が営業しているのが素晴らしい。