10月5日(金) ユーミンのカタログが配信にのる

なかなか晴れの日が続かない。少し前までこの暑さを冷ますにはどれだけの水が必要なのかなんて話をしていたとは思えない。

ビートルズがiTunesに出た時はお祭りになったけれど、それに近い感じで松任谷由実、荒井由実のカタログ一式が音楽配信サービスにのった。

色んな人がユーミンのプレイリストを作っていたので真似してみた。

有名な曲は今でも耳にするしそういうのはパスかな、なんて思いながらアルバム1枚1曲ずつで目についたのを入れてみたら46分くらいになったので5曲23分のA/B面みたいに並べてみた。カセットテープでマイベストみたいなのを作っていた世代の習性だ。
今ならDJソフトなんかを使って繋げば1分くらい簡単に詰められる。当たり前だけど時代が変わった。マイベストじゃなくてマイミックスだ。

キャリア40年以上のカタログが一気に出たわけで、それだけの時間の中にいた人たちそれぞれに何かしらの物語があって、説明したかったりしたくなかったり色々だけど、そういう人たちが作るプレイリストを眺めるのは興味深い。

当時、自分は音源を意識して買い揃えていたわけでは無いのに聴くと大抵知っているというのはすごい。大抵どこかで流れていたし誰かが聴いていた、そういう時代だった。
そういう時代を過ごした人たちの作るプレイリストという味わいがある。