近鉄裏の浄化が止まってるのかどうなのか


近鉄裏は道路を広げたり駐輪場やマンションやビルを建てたりして少しずつ風俗店を減らしていく方向で進んでいるんだろうけれど、ある所で止まってるような印象がある。
残っているお店はスカスカになっているので角度を変えて見ると随分と年季の入った建物なことがわかる。条例だとか法令だとかそういうので再建築が難しい状態にして結果的に立ち退くことを狙っているんだろうけれど、粘り強く残っていて割と面白いなあと思って見ている。
治安がとか子供の影響がとか色々あるのだろうけれど、生き物としての街の行く末がはっきり見えない状況は、これから何かしら格好がつくところまで進んでしまうと全く見えないものになってしまう。
中道通りの入り口に西公園の向こうにあるようなゲートがあったことなんて、今になると信じられないし、熊川哲也のバレエ教室があったビルも気づくと壊されていて何階建てだったのか思い出せない。