本部のあるハロウィンイベントは安心という新説


いまさらハロウィンのイベント化がいつからなのかといった疑問は割とどうでも良くなっていて、そもそもの目的がハッキリしない、もしくはハッキリしてるけどそのまんまやったのでは日本的にはいまひとつ気持ちや経済が盛り上がらなかったりしていて、どういう風にアレンジするのかというステージに来ている気がする。
自発的に仮装して楽しめるような人は別にハロウィンじゃなくてもやっているわけで、ちょっとしたドレスコードがある前提でその中で楽しめるというのが安心安全なんだろうなと思うと、名称は色々だろうけれど「ハロウィンイベント本部」が存在するとなんかちょっと良いんじゃないだろうか、ということに気づいた。
なんか公認されてるっぽいし、トラブルがあれば解決してくれそうだし、本部が終了していればイベントも終了ってことにできる。こういうのが日本的。