いせやの紹介されない部分


いせやは吉祥寺の紹介だと定番で、店の名前は覚えて無くても有名な焼き鳥屋さんありますよね、なんて話は割とよく聞く。
接客が今の基準で言うとぞんざいだったり、とっつきにくかったりすることはあまり紹介されないし、しにくいのは理解できるけど、快適な焼き鳥屋をイメージしていくと戸惑うだろうことは予想がつく。

公園のいせやで買い食いすることが多いのだけど、どこで頼んでどこで待てば良いのか、なんとなくフワッとしてて、待つ人も上手く避けないと注文の行列に見えたりする。ちょっとした混乱にイライラする人はそんなに多くないのは場所がのんびりしているからなのだろう。

少し前から順番の整理券は無いとかベビーカーは畳んでとか貼り紙するようになって、色々言われることもあるんだろうなと思うけれど、コンプライアンス的な空気とはちょっと違った場所があっても良いんじゃないかと思う。
ここ一年くらいで一本90円に値上がりした焼き鳥が、増税になったら100円になるのだろうか。電子マネーで買うとキャッシュバックだとか、そういう感じのいせやは今のところまったく想像できない。