道とはたらく Vol.00 「トリバタケハルノブの仕事場」

22a

8/22(金)、23(土)の2日間、場所#4でトリバタケハルノブさんがmacを持ち込んで仕事のイラストを書く作業を公開するというイベントが開催された。
イベントといっても決まったタイムテーブルがあるわけでなく、普段している仕事を場所#4で行うというもの。

22d2

作業をしているmacの画面と同じものを別のモニターで映して、外からも見えるようにした。
中に入らないで立ち止まってモニターを眺めて帰っても大丈夫な仕掛け。
トリバタケハルノブさんが帽子を斜に被っているのは格好付けているだけでなく、直射日光が入って大変だったから。22日は暑かった。

22b

夜には画面をプロジェクターで壁に映して見ながら、ポッドキャストの録音も行われた。

リハビリーヒルズ 第8回放送
http://illustratorpodcast.seesaa.net/article/404610326.html

22c

こうやって見ると、一人が専有する場所は意外と大きいというのが分かる。コンピュータを使って道具を減らしていてこれなので、色々な道具を使う人だと仕事を公開するにしても大変かも知れない。トリバタケハルノブさんもモニターを運びこむのには苦労した模様。

23a

23日の夜、イベント終了直後のトリバタケハルノブさん。二日間やりきった感が表情から伺える。

23b

トリバタケハルノブさんの友人知人、トーキョー無職日記を読んだファンの方や、たまたま近所を歩いていて興味を持った方など、様々な人が訪れたイベントだった。常に誰かいて、トリバタケハルノブさんの作業を見たり話をしたり似顔絵を描いてもらったりしていた。