5月31日(火)晴れ

気温が低くて風もあった。肌寒い。
エコポイント申請を郵便局で出す。今日が最終日。

らせん階段が見えた。なんだか不思議な感じ。

momo curryで、カレーを食べた。

5月30日(月)雨のち晴れ

5月30日(月)雨のち晴れ
雨の中、朝早くから市ヶ谷へ。雨は午前中であがっていた。風があって雲が流れていた。
市ヶ谷から広尾へ行き、そこからまら市ヶ谷へ戻り、新宿経由で帰宅。
市ヶ谷と広尾は有楽町線と日比谷線を使っていくのだけど、乗り換え駅が有楽町線だと有楽町で、日比谷線だと日比谷になる。改札を一旦出て乗り換えるし、ちょっとだけ地下を歩くのだけど、何だかヘンな感じ。

5月29日(日)雨

5月29日(日)雨
朝から市ヶ谷。一時的に立て込んだ状態になっているのだけど、それに雨が重なると大変。
夜遅くなって駅からタクシーで帰宅。ムーバス乗り場のところにタクシーが並んでいた。

5月28日(土)雨

5月28日(土)雨

朝から市ヶ谷へ。昨日からの続き作業。時間がかかるから仕方が無い。

夕飯を食べるタイミングを逃し、サンロードのココイチでカレーを食べて帰る。

5月27日(金)くもり

午後から市ヶ谷で作業。時間がかかり帰りが夜遅くになる。

吉祥寺は中央線の他の街、高円寺や阿佐ヶ谷なんかと比べてはるかに夜が早い。チェーンのお店やハモニカは遅くまでやっているお店はあるけれど、日中にあれだけ食べ物屋さんがあることを考えると落差が大きい。
遅くに、軽く何かお腹に入れて後は帰って寝るだけ、という風にしたい時なんかには、マクドナルドや牛丼屋さん、ラーメンくらいしか無い。ってそれだけあれば贅沢か。

祥でラーメンを食べて帰る。

5月26日(木)くもりのち雨

5月26日(木)くもりのち雨

夕方、目黒まで行く。雨が降りそうだったので傘を持って出る。湿気があって少し蒸す。
目黒の打ち合わせ終了後、秋葉原まで。山手線で半周弱。まだ雨は降っていなかった。

秋葉原から御茶ノ水で中央線に乗り換えて帰宅。駅から出たら雨が降った後だった。結局傘はささないで済んだ。

5月25日(水)晴れ

5月25日(水)晴れ

湿気が少なくて日差しはあっても気分が良い。午前中から市ヶ谷へ。

昼過ぎに戻ってきて、ロゼでお昼。中華丼。久しぶりだった。これからもよろしくお願いします。

靴屋さんの閉店は若干眉唾。ここ、前は何のお店だったっけ? これからお店を出そうと思う人は、そこの店舗が前は何をやっていたかチェックしておいてくれると嬉しいかも知れない。

5月24日(火)晴れ

5月24日(火)晴れ

気持ちよく晴れた。

午後から広尾へ行く。

帰りが丁度夕暮れ時で、中道通りの向こうに夕日が沈んでいた。この時期はこの景色が大好きだ。

5月23日(月)雨

一日中しとしと雨。
今日もずっと自宅で仕事をしていた。

週末にいった、みたかPatisserie Viennoiserie aoi、ネットで検索すると食べログがトップに来る。ずっと前から吉祥寺は色々なお店の情報があって、自前でホームページを持っているところも多いけれど、飲食店は食べログの方が上に来やすくて、それはどうなんだろうなと思う。検索エンジンの上位競争をすればいいという分けじゃないけど、何か複雑。

5月22日(日)くもりのち雨

5月22日(日)くもりのち雨

少し遠くまで行く予定だったのだけど、空模様が怪しいので中止。けやきコミセンのけやきまつりへ遊びに行く。チョリソーを買い食いしながらライブを聴いたりした。近場の人達で賑わっていた。

扶桑通りをまっすぐ歩いて、五日市街道を歩く。Patisserie Viennoiserie aoiでパンを買って帰る。

帰ってきた途端に雨。結構な雨。ギリギリセーフだった。直後に近所で火事が起きたらしく、消防車の音が慌しかった。急な雨に火事。

5月21日(土)晴れ

5月21日(土)晴れ

秋晴れ。
横河武蔵野のゲームを見に、武蔵野陸上まで。
隣の席の白髪交じりのご夫婦、相手チームの栃木ウーヴァに栃木SCの若林がいたり、主審が恩氏さんなことを話ていた。サッカーが普及するといのは、こういうことなのだなと思った。
試合は、後半に慌てたバックパスをクリアミスして、それを拾われて失点。0-1で負け。仕方が無いなぁという感想。シーズンは長いし、来週は1回休みなので上手に利用して立て直してもらいたい。

帰ってから近所の北町ビオトープをのぞく。
くみ上げた井戸水で作った池にはイワナが泳ぎ、6月には蛍が飛ぶそうだ。近くにこんなところがあるなんて驚いた。すごく面白い。

その足でオオゼキまで買い物へ。ついでにみたかでワンタンメンを食べる。

5月20日(金)晴れ

一日中自宅で仕事。

夜、お誘いいただいたライブに行けるかどうか、というタイミングだったがギリギリで渋谷へ向かう。
写真が無いのはギリギリで飛び出したので何も持っていかなかったから。
夜の渋谷はもうすっかり前のように明るくて賑やかで、それはそれで良いことなんだろうけど、なんて具合に思った。

5月19日(木)晴れ

5月19日(木)晴れ

一日良い天気。
夜になって新宿へ行く。一時期よりも明るくなっているのに気づく。どこもそうかな。

アトレの食料品のところはロンロンの名前を残していて、とても良いことだと思う。

中道通りのスタバ、前に入っていたチェーンのお店は最初26時まで営業だった。少しして23時までになったと記憶しているけれど、26時まで営業というのは、どういう計画でそうなったのだろうかと、カーニバルの隣に出来る鳥貴族の「西口店」を見て思った。

5月18日(水)晴れ

5月18日(水)晴れ

湿気もあまり無くて良い天気。青空。

seina-cafeでお昼。満足。ここは調理一式をやるマスターと給仕のお姉さんの二人でまわしていて、いつも大変だなぁと思う。そう感じさせないような味やサービスなので余計にそう思う。

一旦帰ってから、市谷へ。汗ばむ陽気とまではいかないけれど、確実に夏に向かっている。

5月17日(火)くもり時々雨

5月17日(火)くもり時々雨

昼過ぎにざっと雨が降った。雨があがってから新宿へ向かう。

雨はあがったけれど、不穏な雲。新宿についたら一気に豪雨。雷も。

結果的にそこまで凄い荒天にはならずに済んだ。

5月16日(月)くもり

5月16日(月)くもり

ヨドバシカメラまでトナーのリサイクルに行く。

カフェになる前の中華屋さんには行ったことはある。

靴屋ブーム、自転車ブームの後は、はらブームなのか。神戸の豆腐屋さんという設定はどうなったんだろう、なんて思う。

5月15日(日)晴れ

今日も日差しが強い。

気づけば、第一ホテルの裏にお店が増えた。しかも昼間から開いている。

関根さんが古本を出店しているというので高円寺まで。あずま通りで古本のフリーマーケットのようなことをやっていた。もともと高円寺は古本のお店が多い印象。ロシュフォールとシェルブールの絵葉書を買う。

ハチマクラで知り合いがお店を出していた。今日が最終日なのでのぞいてみた。一日中、高円寺をぶらぶらした。

買った古本は2冊。
 WAVE19号。特集「サイバー・シティ東京」。1988年9月15日発行。
 中森明夫著 東京トンガリキッズ。1987年11月1日初版。
どちらも80年代東京もの。現在がこんな感じになってしまって、隆盛を極めたのは80年代なのかも知れない、なんていう幻想が起きそうな時だけれど、自分が生きた時代だけでも地続きなものとして、その時の気分や空気を記憶に残しておきたいと思う。
歴史の教科書に書いてないことだって沢山ある。

5月14日(土)晴れ

夕方になって外出。陽気の良い一日だったけど、何かちょっと雨雲っぽいのも見えるなーなんて調子。結局雨は降らなかったし、降る気配も無かったけれど。
Shiva Cafe shaktiで、カレーとドリアを食べる。窓が大きくて外の景色が見える、天井の高い店。以前は床屋さんだった。1度だけ行ったことがある。

食後の散歩で本町をブラブラする。

カーニバルで、ソフトクリームを買い食いして帰る。

5月13日(金)晴れ

5月13日(金)晴れ

気温があがって蒸し暑い。シャツは腕まくりしても良いくらい。午後から広尾へ。

帰ってきて、くまもと県物産センターでとんこつラーメンを食べる。500円。大盛りは700円。
周りにとんこつラーメンのお店は他にもあるけれど、さすが地元というか、こういうのが普通なんだろうなぁと思った。おいしい。

帰り道、にわか雨にあう。成蹊大学の近くだったので、大学の木陰で雨宿りして帰る。この季節ににわか雨というのは珍しいのか?季節感がわからなくなってきている。

5月12日(木)雨

夜になって外に出る。渋谷まで。関根さんイヴェントへ遊びに行く。
井の頭線のホームに何か鉄骨が組まれていた。

帰る頃には雨はあがっていた。明日は暑くなるそうだ。

5月11日(水)雨

一日中自宅で仕事。低気圧なせいか、若干ぼんやり。

吉祥寺に戻ってきて1ヶ月が経過した。3年間、世田谷区に行っていて、横河武蔵野のゲームがある時くらいしか来ていなかったので、ブランクがあるといえばある。
出て行く直前くらいはプチバブルというか、不動産関係が頑張ったのか、まぁそんな感じで具合の良い人にとってはノリノリな状況だったのだろうけど、それが食傷気味な感じだった。その後リーマンショックやらなにやらで多少落ち着いてきているのかなぁという感想。ロンロンと伊勢丹は姿を消してしまったし、新しいお店はどんどん出来ていて、範囲も広くなって来ているけれど。

以前、ミリメーターが「中道通りのどの辺で、遊びにきた人がお店はこの辺までと感じて引き返すか」観察をしたという話を聞いた。その当時は、おおよそ四五六のあたりだったみたいだ。その四五六も結構前に無くなってしまって、お豆腐屋さんになって、今はソース屋さんだ。
引き返す地点、今ではそこからさらに西公園の向こうにまで伸びているような気がする。

五日市街道も、成蹊大学周辺までカフェが増えてきている。立地的な問題で、そもそもお店を出せる場所のキャパシティの関係上、少しずつ駅から遠いところまでお店が進出してきているみたい。
そいえばモスバーガー、前は成蹊大学の近くの今は牛丼屋のところにあって、「吉祥寺のモスバーガー」の認知度はかなり低かった。当時のモスバーガーは、駅周辺というよりも住宅街の近所といったピンポイントな出店計画をやっていた時代で、その後、モスバーガーに対抗してマクドナルドが出店してきて、姿を消すことになった。その時のマクドナルドも今は別のカフェになっているけれど。

時代は変わって行くけれど、吉祥寺の空気がどうやら性分にあっているようだと、一旦外に出て実感した次第。

5月10日(火)くもりのち雨

5月10日(火)くもりのち雨

午後過ぎから雨。蒸し暑い。

このお天気のせいなのか、サトウが行列していなかった。そんな日もある。

5月9日(月)晴れ

5月9日(月)晴れ

夜になって外に出る。デジカメの電池が入っていなかったので、携帯を使う。以前もたまにそんなことがあった。
平和通りのバナーはいつも微妙な感じなんだけど、ちょっと今回のは路線が違って悪くないんじゃないかな、とか偉そうに思う。

5月8日(日)晴れ

5月8日(日)晴れ

連休最終日は汗ばむ陽気。

花見がいまひとつだったのを忘れてしまうくらい賑わっていた。とりあえずは良いことだ。

ケーニッヒでドイツ串なんかを買って公園で食べた。

ボート乗り場が順番待ちの行列になっていた。

5月7日(土)雨

5月7日(土)雨

雨の中、武蔵野陸上競技場へ横河のゲームを見に行く。第四中学校の方から行くのは久しぶり。

結果は0-1でアルテ高崎に負け。やろうとしていることは分かるのだけど出来ない状況。チーム状態は結構難しいのかも知れない。良いときばかりじゃない。

三鷹まで出てオオゼキで買い物をして帰る。

5月6日(金)くもり

5月6日(金)くもり

レンガ館の地味なゲーセンだったところがガストになっていた。

今日は連休とはいえ平日だから人が少ないね、なんて話をしなが歩く。ハモニカもそんなでもないかなぁと思ってたら、スパ吉は行列だった。みんみんは休みだった。

yucca.でカレーを食べた。

夕食の買い物をして、ついでにサーカスでクレープを買い食いして帰る。

5月5日(木)くもり

5月5日(木)くもり

節句なので柏餅を買いに紅梅堂まで。

この連休は珍しくお天気がいまひとつな日が多い。だらだらと仕事で、どこかに行く予定はなかったのだけど、気分的に五月の連休っぽさが無い。こういう時もある。

5月4日(水)晴れ

5月4日(水)晴れ

すきっと晴れた。

コピスの空中庭園ではアンパンマンのショーをやるらしく、親子連れの行列が出来ていた。

東京ベルディ-FC東京の東京ダービーを見に、味の素スタジアムまで。井の頭線で明大前乗り換えで飛田給が普通のコースなんだけど、人が多そうだったので、武蔵境から西武線で多磨に出て、そこから歩く。東京外語大のキャンパスを抜けて、グラウンドでサッカーをしているのを眺めながらてくてく。

5月3日(火)雨

5月3日(火)雨

午前中からどんよりした天気で、昼過ぎに降り出した。予定を変更してずっと家にいることにした。昼寝と読書。

夜、何か食べようと長男堂まで。五日市街道沿いも気づけば随分とお店が増えていて、酒屋や床屋や釣具屋がカフェになっている。最近はオーガニックな食事がとても流行っていて、バブル期の人達に、未来では玄米と普通のお味噌汁を出すようなカフェが雑誌に取り上げられていると言ったらどんな顔するんだろうか考えた。

5月2日(月)晴れ

5月2日(月)晴れ

今日は暦の上では平日。

新緑の季節とはうまいことを言ったもので、どこを歩いても緑がまぶしいくて気分が良い。

コピスの3階にある屋上で休憩。伊勢丹だった時は自販機があった記憶があるんだけど、無くなっていて買いに戻った。コピスの中を通らなくても、階段やエレベーターで直接行くことが出来る。連休の企画か、ミュージシャンが演奏をしていた。

5月1日(日)くもり

5月1日(日)くもり

朝から風が吹いていた。
日中、国会中継をやっていたりして、日曜日という感覚があまりない。
夕方、ちょっと出たら雨になった。天気予報はまぁまぁ外れ。

休日の吉祥寺は、お店の紹介記事なんかが掲載されている雑誌を片手に歩いている人達を多く見かける。今は、雑誌でなくスマートフォンを持っているケースが増えた。キチムのある通りでNTTのあたりで困っている人は前から多い。今は隣の通りにもお店が増えたので余計に分かりづらくなっているんだろうなと思う。

ザ・ジョーカー 大沢在昌

ザ・ジョーカー 大沢在昌

ジョーカーという殺し以外は何でもする男の短編集。
和製ハードボイルドはアメリカのものに比べて、どうしても街の臭いが湿りがちに
なってしまうのだけど、大沢作品は、そこも含めて和製ハードボイルドとして完成させている。
本作でも主人公が仕事場としている六本木のバーをはじめ、東京の色々な土地が登場する。


仕事をしたり本を読んだりして過ごした。